オーダー作品

ショルダーバッグ

投稿日:

ショルダーバッグのオーダーを頂きました!

ココペリ
ありがとうございます♪

 

ホームページのギャラリーにあるトートバッグをアレンジしたオーダーとなります。

ベースとなるトートバッグがコチラ。

トートバッグとしてはもちろん、ベルトを装着してショルダーバッグとしても愛用できる作品です。

 

このカバンをベースに打ち合わせを行い、ご要望を伺ったとこ…。

 

・一回り小さいサイズでの制作

・トートバッグの持ち手は不要

・前面に外付けポケットを増設

 

などなど。

 

それらの要望を汲み取り、作業開始!

まずは断裁です。

パーツは写真より更に増え全26パーツ

ポケットにはワンポイントで花柄のカービングを入れる事になりました。

花の模様はギャラリーにある作品の中からお選びする事もできますし、お好きな花を彫る事もできますよ。

と、お伝えしたとこ、即答でハイビスカスをリクエスト!

ヤモリ
南の島に行きたーい!

 

ハイビスカスの存在は認識はしているものの、カービングとして彫るのは初めてであり、どの様に彫るかじっくり観察してみたとこ、花びらの重なり方に特徴があるんだなという事を知りました。

この重なり方を意識してデザインを描き、その都度確認してもらいます。

ラフの段階でハイビスカスを描き、確認してもらったとこ、ハイビスカスに見えないと言われました笑。

サボテン
満足いくまで修正依頼して下さい♪

 

なんとか見える様に微調整を重ね、デザイン画のOKをもらいます♪

 

デザインが決まりましたらカービング開始!

まずはカットワーク

ツルの彫り方も普段とは異なるテイストとなります。

続きまして刻印を施しカービング終了です♪

インディアン
ワンポイントカービングもいいですね♪

 

また、ポイントポイントで染色を施し2トーンカラーのカバンとなります。

染色は数あるレパートリーの中からマホガニーをチョイス☆

内パーツですが、ファスナー付きポケットとオープンポケットが装着されます。

ご自身のお名前の刻印入れを希望されましたので、しっかり打刻♪

ギャラリーのトートバッグにも標準装備している内パーツですが、今作は一回り小さいという事もあり、内パーツも一回り小さくなったものの、オープンポケットにはタバコが2箱入るスペックです。

そんなこんなで少しずつ形が出来上がってきました。

ギャラリーのカバンより一回り小さいと言えどもカバンはカバン。

大きい作品である事には変わりはありません。

今回の作品で縫製作業だけでも10時間は軽く超えてます。

イーグル
そんなに!?

 

ミシンだと一瞬で終わる作業ですが、ハンドメイドをモットーとする工房なのでミシンは使いません。

そもそもミシンを持っていません笑。導入する気もありません。

サンフェイス
ハンドミシンで頑張ります!

 

なんとか無事に作品完成です!

マホガニーがアクセントとなり、いい感じに仕上がりました!

ハイビスカスを赤く染めるかどうかで、色味を直接見たいと工房に来店され、立ち合いの元、確認してもらいながら染めました!

ツルを緑染めはどうかと提案もしたのですが、打ち合わせの結果全体のバランスを考慮し、タンで染めました。

花とツルの両方ともグラデーションをかけています。

裏面は比較的シンプルなデザインです。

リクエストで右下にココペリロゴとオルテガロゴ。制作年を少しフライングして2018と打刻。

2018年度のLeathercraft ZUNI新作モデルみたいになりました笑。

サイドにはドロップハンドルを装着し、ビーズアクセサリーにて動きある作品となります。

合計4本ある鹿紐に取り付けるビーズは全て異なるタイプをリクエストされ、組み合わせはお任せ頂きました。

色や並べ方次第ではシックにもポップにもできますので、どんな感じがお好みかを把握し、この様に仕上げました♪

ビーズアクセサリーはワークショップも開催しており、ご自身でお好きな組み合わせで作る事もできます。

ギャラリーでも作品を用意してますので、そちらのご購入やアレンジもできます☆

 

ワークショップ記事はコチラ

ギャラリーの作品ページはコチラ

 

ショルダーベルトの帯革には小さめのコンチョを2つずつ装着!

コンチョや染色、ステッチカラーなどで作品の雰囲気は随分と異なります。

好みを最大限に引き出せるレパートリーをそれぞれ数種類ずつ用意しています。

詳細はホームページのセレクトページよりご確認下さいませ。

 

ギャラリーのトートバッグより一回り小さいとのリクエストでしたが、実際の比較がこちらです。

ミユキさんお待たせしました!

申し分ないと有難いお言葉ありがとうございます♪

拘りの沢山詰まった作品となりましたので、末永くご活用下さい☆


-オーダー作品

Copyright© Leathercraft ZUNI official blog , 2021 AllRights Reserved.