up_cut

up_cut

カービングの代名詞といえば唐草模様が代表的です。
シェリダンスタイルというのは、その唐草模様の中の1つのスタイルです。

なぜシェリダンと呼ばれるのか?
それはアメリカのワイオミング州にあるシェリダンという地名で、ドナルド
・リー・キング。通称ドン・キングという方によって確立されたスタイルが
所以です。

シェリダンスタイルは流れる様な曲線が特徴で、隣接するラインが近く、
非常に繊細なデザインとなります。
シェリダンスタイル以外にもカリフォルニアスタイルや、アリゾナスタイル
といったスタイルも存在しますが、1番細かいデザインはシェリダンスタイ
ルとなります。

ハイダとはハイダ族の略語であり、ハイダ族はカナダのブリティッシュコロ
ンビア州に居住する先住民族(ファーストネーション)です。
ワタリカラスやサンダーバードといった架空の生き物から、太陽や鮭、梟や
蛙など実在する生き物を独特なデザインで表現する部族です。
芸術と村落が残るスカン・グアイは世界文化遺産に認められています。

あまり馴染みのないハイダデザインですが、トーテムポールでピンとくる人
は多いと思います。また、以前カナダで開かれたバンクーバーオリンピック
のメダルにも、ハイダデザインが起用されております。

そんな芸術性溢れるハイダ族のデザインをアレンジし、カービングで表現し
たのは当工房が日本初と思われます。

アメリカのニューメキシコ州にチマヨという小さな村があります。

チマヨは村は歴史的背景からスペイン人の侵略の影響もあり、織物が盛んな
地域として根付きました。
そんなチマヨ村のオルテガ一族によって築き上げられたデザインがオルテガ
デザインであります。

オルテガデザインが施されたチマヨブラケットやラグは、300年以上の時を
経た今でも、世界中で愛される織物、デザインとなって生き続いています。

近年ではファッションとしても取り扱われる事も多いデザインで、ネイティ
ブ柄やチマヨ柄などといった表現もされています。

刻印を一打一打組み合わせて打つ事より幾何学的な模様へと変貌させるスタ
イルです。
同じ刻印でも角度を変えて組み合わせる事により、全く違う表情を見せてく
れます。

また、シェリダンスタイルとの組み合わせも相性が良いのでお勧めです。

これらのスタンプ刻印をバスケットという呼び名もありますが、あまり馴染
みがないと思われますので、スタンプスタイルと名付けさせて貰いました。

スタンプ模様は数10種類用意しておりますので、詳細は【SELECT】から
お選び下さい。

上記4種類のスタイルと異なり、カービングを施さないスタイルです。
何も付け加えない「シンプル・イズ・ベスト」という言葉が相応しいデザイ
ンです。

また、プレーンな仕上げで、ワンポイントにさりげなくカービングを加える
スタイルも人気があります。

他のスタイルにも言える事ではありますが、プレーンは特に革の質感を
ダイレクトに感じられるタイプの商品で、年を重ねる毎に色も質も変化し、
貴方だけのオンリーワンアイテムとして革を育てる事を楽しんで頂けます。

top

top

profile

concept

news

gallery

  • works

style

  • works

shop

faq

link

blog

contact